響はウイスキー界に誇る奇跡の一品!最高峰の香りと味わいとは?

響はウイスキー界に誇る奇跡の一品!最高峰の香りと味わいとは?

「響というウイスキーを詳しく知りたい!」と思っていませんか?

国産ウイスキーの中でも愛飲家が多く、非常に人気の銘柄です。

しかし、実際に響とはどんなウイスキーなのかを知らないため、飲んだことがないという人も多いはず。

ここでは、響の基礎知識や香り・味わい、種類などを紹介します。

響の魅力を理解して、国産ウイスキーと共に上質な時間を体感してみましょう。

1.響とはどんなウイスキー?

響とはどんなウイスキー?

響とは、日本ウイスキーの最高峰と呼ぶに相応しい香りと味わいを追及した国産ブレンデットウイスキーです。

このウイスキーは、山崎蒸溜所2代目マスターブレンダーの佐治敬三(さじけいぞう)氏が主導で1989年に誕生しました。

香りや味わいを世界最高峰にするため、サントリーが今まで培ってきた技術と経験の粋を集めてウイスキー作りに挑戦したのです。

響はブレンデットウイスキーという分類に該当し、さまざまな原酒を掛け合わせて作られています。

そんな響はどのようなウイスキーをもとにして作られるているのでしょうか。

響にはどんなウイスキーをブレンドしている?

響にはどんなウイスキーをブレンドしている?

響では、山崎蒸溜所・白州蒸溜所・知多蒸溜所で仕込まれた原酒を使って作られています。

山崎蒸溜所のモルト原酒は華やかさと雅な香りが特徴で、白州蒸溜所のモルト原酒は爽やかな香りと軽くすっきりとした口当たりが特徴です。

知多蒸溜所のグレーン原酒は、山崎・白州のモルト原酒の個性を調和し、さらに引き立てる土台の役割となっています。

しかし同時期に同じ方法で仕込んだ原酒であっても、樽の種類や貯蔵庫に置く場所よって香りや味わいに変化が起きるため同じ個性の原酒はありません。

常に最高の品質を保たなければならない響では、ブレンダーが1日300種類以上の原酒を試飲することもあるのです。

この途方もない試飲を繰り返し、響を世界に通用する最高峰のウイスキーに仕立て上げ出荷しています。

以上が、響についての基礎知識でした。

日本人に合った最高峰のウイスキーを目指して作られた響ですが、種類も多いためどのような香りや味わいがあるか知りたい人も多いはずです。

それでは、ここで響のラインナップとそれぞれの特徴を紹介します。

2.響の種類はこんなにもある!ラインナップ6選

ウイスキー響には、代表的なものとして以下の6つのラインナップがあります。

響の種類はこんなにもある!ラインナップ6選

響は、ラインナップごとに原酒の個性を生かしながらも、全体を通して気品のある花の香りを感じるウイスキーです。

そのため、日本だけでなく世界からも非常に人気があります。

それでは、それぞれの響を見ていきましょう。

ラインナップ1.響 Japanese Harmony

響 Japanese Harmonyは、華やかな香りと甘く滑らかな味わいが特徴のウイスキーです。

エントリーモデルにあたる銘柄で、実は2015年発売開始と比較的新しく設定されました。

ラベルに熟成年数が書かれていないため「ノンエイジ」と呼ばれます。

響シリーズ初のノンエイジとなり、使用される原酒は平均10年ほど熟成されたものです。

香りは、薔薇やローズマリーの花香とライチの爽やかさ、樽のウッディさに加えて白檀のオリエンタルな甘さ・爽やかさが感じられます。

味わいは、軽くキレの良い蜂蜜の甘さ、オレンジピールやチョコレートのほろ苦い甘さが特徴です。

飲み方は、ハイボールだとさらに優しい口当たりとなり、オン・ザ・ロックで飲むと口のなかでウッディさとほろ苦さのあとに甘みが立ち上がります。

また、免税店限定の響 Japanese Harmony -Master’s Select-が派生商品として存在します。

こちらには特別に「山崎シェリーカスク原酒も使われており、通常品とはまた違った香りや味わいです。

特徴としては、さらにウッディさが強調され、スパイシーさと苦みが全体を引き締めています。

ラインナップ2.響 Blendar’s Choise

響 Blendar’s Choiseとは、ノンエイジタイプの中でもさらに上質に仕上げたウイスキーです。

熟成年数が平均15年の原酒を使用し、2018年発売されたノンエイジの中でも上位モデルになっています。

使用原酒には、熟成後さらにワイン樽で熟成させた原酒を使用しており、響 Japanese Harmonyより上質になるよう仕上げているのです。

しかし、飲食店専売商品とされているため、一般消費者が購入するためにはネット通販や業務用酒屋で探すしかありません。

香りは、野イチゴや白桃、パイナップルのようなフルーツの甘酸っぱさに、クリームブリュレのような焦がした甘い香りが特徴です。

味わいは、口の中でゆっくりと広がる甘み、ワインのような酸味、ほのかに樽由来のウッディな苦みが感じられます。

飲み方は、華やかで柔らかいハイボールで食事に合わせるか、ストレートやオン・ザ・ロックで複雑に立ち上る個性を楽しんで下さい。

ラインナップ3.響 12年

響12年は、世界の定番を目指し日本の香味を表現したウイスキーです。

Japanese Harmonyが登場するまでは、響のエントリーモデルとして2009年から発売されました。

熟成年数が12年以上の原酒を使用していおり、構成原酒の中には30年以上の熟成が行われたモルト原酒も含まれています。

また、梅酒に使っていた樽で熟成させた「梅酒樽モルト原酒」も使用されており、和のテイストが強調されいる一品です。

香りは、柔らかく甘いクリームの香りとレーズンのような果実香に梅酒のような甘酸っぱい香りが複雑に絡み合っています。

味わいは、ドライで少し塩味を感じつつ、梅酒の甘酸っぱさと澄んだ蜂蜜の甘さが奥に感じられるため、飽きることがありません。

飲み方は、オン・ザ・ロックや水割りにすると香りと味わいの個性を感じつつ、水のようにさらりと飲めます。

2015年に販売が終了したため、体験できる機会があればぜひ試してください。

ラインナップ4.響 17年

響17年は、発売当初から設定されている最も人気のあるウイスキーです。

サントリー創業90周年を記念して作られ、響を世に知らしめた一品だと言えます。

使用原酒は、17年以上熟成されたミズナラ樽原酒を中心に、30種類以上のモルト原酒と数種類のグレーン原酒をブレンドしているのです。

またブレンド後、原酒同士の個性がより深く結びつくように、さらに熟成させて品質を高めています。

香りは、薔薇やジャスミンなどの花香と桃やメロンの芳醇な甘さ、バターやバニラの濃い甘さに伽羅のようなお香を感じられます。

味わいは、カスタードクリームやミルクキャラメルのような濃厚なコクとほのかな甘み、それでいて口当たりが滑らかでかつ軽やかなため印象深いです。

飲み方は、濃厚な個性を感じるためならストレートで試し、奥行きと複雑さを楽しみたいならトワイスアップを試してください。

ラインナップ5.響 21年

響21年は、世界でも認められた最高峰の国産ブレンデッドウイスキーです。

熟成年数21年以上の山崎ホワイトオーク・ミズナラ・シェリー樽原酒を中心に使っており、重厚感と気品を両立させています。

その完成度から、2016年に開催された伊勢志摩サミットでは各国首脳に提供されるウイスキーとして選出されました。

また2017年の国際的な蒸留酒品評会では、ウイスキー以外も含む全蒸留酒の中から一つだけ選ばれる最高賞を獲得し、世界の蒸留酒の頂点にも輝いたのです。

2019年までに20個の金賞を獲得し、その完成度は他を寄せ付けないものとなっています。

香りは、レーズンや杏、イチゴジャムなどの濃厚な甘さと、バニラの重厚でコクのある甘さが印象的です。

味わいは、ビスケットの香ばしい甘みとキャラメルのような濃厚なコクと甘さ、ベリー系の甘酸っぱさにシェリー樽由来のスパイシーさが感じられます。

飲み方は、ストレートやトワイスアップで個性を強く感じるか、オン・ザ・ロックにして変わっていく香りや味わいを楽しむのが適しています。

ラインナップ6.響 30年

響30年は、現在販売されているラインナップ中で最上位モデルとなるウイスキーです。

年間販売本数が2,000本と少なく、販売価格も12万円以上と最上位モデルに相応しいものとなっています。

熟成年数30年以上の山崎ホワイトオーク樽原酒を中心に、熟成年数30年以上の原酒の中でもさらに厳選してブレンドしているのです。

生産本数が少ないためすべて手作業で作られており、ウイスキー愛好家より高い評価を受けています。

香りは、長期熟成したモルト原酒由来のマンゴーや杏のような甘い香りに、花香を思わせる華やかな甘さが特徴です。

味わいは、甘酸っぱさとウッディさが厚みを生み出していますが、口当たりは滑らかで非常にコクがあります。

余韻が非常に長く続き、熟した果実や伽羅の香りが忘れられません。

飲み方は、ストレートで最高峰の香りと味わいを体験してください。

以上が、響のラインナップについてでした。

最適な飲み方も紹介しましたが、飲み方によって個性の感じられ方は異なります。

他の飲み方についても「ウイスキーは飲み方が重要!基本スタイルからアレンジまで徹底解説!」で紹介しているので挑戦してみてください。

響を体験したら、他のウイスキーも試してみるとそれぞれの特徴をさらに感じられます。

そこで響の次に飲むべきウイスキーを紹介します。

3.響を体験したら山崎や白州、知多も楽しもう!

響を体験したら山崎や白州、知多も楽しもう!

響を体験した後は、山崎や白州、知多を挑戦してください。

響と同じくサントリーが発売しているウイスキーが山崎・白州・知多です。

山崎や白州は、山崎とは異なる蒸溜所で作られており、まったく異なる個性を持っています。

また知多は、山崎・白州・知多の原酒を掛け合わせて作られているため、それぞれを体験してからだと各ウイスキーの特徴を見つけられるため非常に楽しいです。

山崎については、山崎は国産ウイスキーの重鎮!世界でも評価されるその魅力とは?で特徴や香味を詳しく説明しています。

白州については、白州はウイスキー好きも認める一品!評価され続けるその魅力とは?をご覧ください。

知多については、知多はウイスキーが苦手でも好きになる!香りや味わいの評判を紹介!を読んで詳しくなりましょう。

響の後は、山崎や白州、知多に挑戦しジャパニーズウイスキーの奥深さを楽しんでください。

4.ウイスキーの量り売りも体験してみよう!

ウイスキーの量り売りも体験してみよう!

ウイスキーの量り売りで、気になるウイスキーを体験してみてください。

量り売りでは30mlや50ml、100mlなど少量からウイスキーを購入できます。

そのため、好みかどうかも簡単に確認することが可能です。

さらに、高額なウイスキーでも手ごろな価格で購入できるので、自分へのご褒美や人へのプレゼントにも重宝します。

気になるウイスキーがあるなら、まずは量り売りで購入して試いしてみて下さい。

まとめ

ウイスキー響について紹介しました。

国産ウイスキーの中でも響は、一度飲むとその虜になってしまうほど美味しいウイスキーです。

さまざまな種類があり、香りや味わいに違いがあるものの山崎や白州、知多を感じられます。

近年希少となっているため、この機会に必ず挑戦してください。

銘柄カテゴリの最新記事